キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 不動産担保ローンの債権者は最先順位抵当権者になりたい : 不動産担保ローンステーション

不動産担保ローンステーション

MENU
相続した不動産の固定資産税が支払えず不動産担保ローンを利用したい
MENU
不動産担保ローンを利用するのなら九州がいいのか
MENU
丸井カードを利用していた時の過払い請求を起こしていた
MENU
金利の低さなどで三井住友銀行の不動産担保ローンを申し込む
MENU
不動産担保ローンの債権者は最先順位抵当権者になりたい
MENU
ノンバンク系の不動産担保ローンは条件が少し緩い
MENU
融資を受ける方法に銀行ローンで借り換えをするというのもある
MENU
不動産担保ローンではないが横浜銀行のバンクカードローンも考えている
MENU
東京の住いを任意売却で手放さないために実家の家で不動産担保ローンを利用する
MENU
九州の家と土地は不動産担保ローンを利用し時期を見て売却する考え

関連リンク集

不動産担保ローンの債権者は最先順位抵当権者になりたい

不動産担保ローンステーションメイン画像

不動産担保ローンを利用する時の抵当権は万が一返済がされなかった場合、 最先順位抵当権者が最優先に弁済される。

不動産担保ローンの債権者は最先順位抵当権者になりたい

不動産担保ローンを利用する時に不動産を担保にし、その担保に担保権として「抵当権」というものが設定される。

借り主が万が一返済できなかった場合、融資を行った金融機関はその万が一の保証として抵当権を設定するのである。

いわゆる、借金のカタとするわけだ。

その抵当権は1つの不動産に対していくらでも設定ができる。

三井住友銀行に不動産担保ローンを申し込み、審査が通れば融資を受けられる。

ここで九州の家に抵当権を設定して登記をする。

その後、ノンバンクでも利用できれば九州の家に抵当権を設定登記する。

この場合、先に登記した三井住友銀行が最先順位の抵当権者となる。

ノンバンクを先に抵当権を設定登記すれば、ノンバンクが最先順位抵当権者となる。

万が一返済できなかった場合、最先順位抵当者が最優先に弁済されることになるので、債権者は最先順位抵当権者に何とかなりたいことになる。