キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 九州の家と土地は不動産担保ローンを利用し時期を見て売却する考え : 不動産担保ローンステーション

不動産担保ローンステーション

MENU
相続した不動産の固定資産税が支払えず不動産担保ローンを利用したい
MENU
不動産担保ローンを利用するのなら九州がいいのか
MENU
丸井カードを利用していた時の過払い請求を起こしていた
MENU
金利の低さなどで三井住友銀行の不動産担保ローンを申し込む
MENU
不動産担保ローンの債権者は最先順位抵当権者になりたい
MENU
ノンバンク系の不動産担保ローンは条件が少し緩い
MENU
融資を受ける方法に銀行ローンで借り換えをするというのもある
MENU
不動産担保ローンではないが横浜銀行のバンクカードローンも考えている
MENU
東京の住いを任意売却で手放さないために実家の家で不動産担保ローンを利用する
MENU
九州の家と土地は不動産担保ローンを利用し時期を見て売却する考え

関連リンク集

九州の家と土地は不動産担保ローンを利用し時期を見て売却する考え

不動産担保ローンステーションメイン画像

現在の経済的な状況を考えて出した結論だが、 九州の実家の家と土地で不動産担保ローンを利用し時期を見て売却しようと考えている。

九州の家と土地は不動産担保ローンを利用し時期を見て売却する考え

妻と時間をかけて話し合い検討した結果、九州の実家の家と土地は、三井住友銀行の不動産担保ローンを申し込むことにした。

現在の経済的な状況を考えると、九州の実家の家と東京の住まいの一戸建て、どちらかを手放さないといけなくなるようなのだ。

どちらか一方を守るとするならば、東京の一戸建ての家を守る。

長年の夢だった一戸建ての家を手放してまで、九州に帰ることはしたくない。

それで出した結論が、九州の実家の家と土地を担保にして不動産担保ローンを利用する。

そして、時期を見てその家と土地を売却する方向で考えがまとまった。

相続で受け継いだ家と土地ではあるが、私が活用するのは不可能だとわかったのだ。

早急に売却をすることはないが、いずれ売却するつもりでいる。

不動産担保ローンを返済中に、担保物件を売却することも可能なのでこれで進めてみようと思っている。