キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 ノンバンク系の不動産担保ローンは条件が少し緩い : 不動産担保ローンステーション

不動産担保ローンステーション

MENU
相続した不動産の固定資産税が支払えず不動産担保ローンを利用したい
MENU
不動産担保ローンを利用するのなら九州がいいのか
MENU
丸井カードを利用していた時の過払い請求を起こしていた
MENU
金利の低さなどで三井住友銀行の不動産担保ローンを申し込む
MENU
不動産担保ローンの債権者は最先順位抵当権者になりたい
MENU
ノンバンク系の不動産担保ローンは条件が少し緩い
MENU
融資を受ける方法に銀行ローンで借り換えをするというのもある
MENU
不動産担保ローンではないが横浜銀行のバンクカードローンも考えている
MENU
東京の住いを任意売却で手放さないために実家の家で不動産担保ローンを利用する
MENU
九州の家と土地は不動産担保ローンを利用し時期を見て売却する考え

関連リンク集

ノンバンク系の不動産担保ローンは条件が少し緩い

不動産担保ローンステーションメイン画像

ノンバンク系の不動産担保ローンは、 銀行系に比べると金利はやや高いが無担保に比べるとはるかに低い。 また、借り入れ条件は少し緩い。

ノンバンク系の不動産担保ローンは条件が少し緩い

不動産担保ローンを取り扱っている金融機関は、銀行系とノンバンク系があると先に説明した。

また、三井住友銀行のように、銀行系は金利が低いことがわかった。

では、ノンバンク系はどうなのだろう。

ノンバンク系の金利は銀行系に比べるとやや高い。

しかし、フリーローンなどの無担保ローンにと比べるとはるかに低いのである。

また、融資を実際に受けられるまでの時間は、銀行よりもノンバンク系の方が早い。

遅くても3日ほどはかかるのだが、翌日融資を受けられるノンバンクもある。

使い途は、銀行系もノンバンク系も原則自由となっている。

ただ、銀行系の不動産担保ローンは、満20歳以上の不動産所有という条件の他団体生命保険に加入することも原則として必要だ。

その点ノンバンク系は、満20歳以上の不動産所有者という条件の他は条件がないところもある。

ノンバンク系の方が、条件が少し緩いようだ。